心理カウンセリング

心理カウンセリングについて

1日3名・女性限定のカウンセリングを滋賀・大阪にて行っています。
滋賀・大阪とも、駅周辺で行っています。

カウンセリングフォレスト(日本心理メディカル学院の卒業生のカウンセリングルーム)の特徴について

カウンセリングフォレストが主体としているカウンセリングは、ブリーフセラピーといいます。別の名を、短期療法ともいい、できるだけ短期間で問題解決をするアメリカで生まれた最新の心理療法です。

今までは、原因を探るカウンセリングが主流でした。

しかし、それは、過去の触れてほしくない傷をよみがえらせてしまい、かえって問題を深刻になってしまうとも考えられます。過去の経験や、考え方をも否定し、こらからの自身を作り出す勇気も必要としたのです。自分自身にないものを作り出すのですから、時間もかかり、継続し続けなければなりません。

それは、無理が生じ、また、反動がおそうとも考えられるのです。

原因を追究することや1つの療法でセラピーをするのが悪いと言っているのではありません。

短期間で効果的に効率的に問題解決することを主旨としているブリーフ・セラピーでは、足りない部分を補足したり、矯正する従来のカウンセリングではなく、本来の持っている力や可能性を見出し、それらを活用しながら、その方の状態に応じていくつかの心理療法を組み合わせながら、カウンセリングを取り組んでいるのです。

現在・未来に焦点をおき、早期(ブリーフ)に、問題解決を目的にしている、ブリーフセラピーの考え方を取り入れ、型にはめ込むのではなく、あなたの気持ちや個性を大切にしてカウンセリングを行っています。

カウンセリングを受けられたお客様のお声

全国から「喜びの声」が続々届いています!

・他のカウンセリングルームに通ってみて「スッキリしなかった」と思った方も、たくさん来てくださっています。

・カウンセリングを受けて、初めて自分のことを好きになれました!(34歳)
・話をきいてもらえた事によって、自分が解放されたことと、これからどうしていくのかという
ヒントをもらえてとても安心感をもらえました(H・A、33歳)
・先生が、私の気づいていない私を引きだし、気づかせてくれた(K・H、看護師、30歳)

相談内容

このようなお悩みをお持ちではありませんか?

性格の悩み
・自分のことがキライ
・自分に自信がもてない。
・将来が不安
・自分の気持ちが言えない。
・一人でさびしい。話を聴いてほしい。

人間関係の悩み
・人とつき合うのに疲れる
・職場の人間関係で悩んでいる
・コミュニケーションに疲れる
・視線が気になる

恋愛の悩み
・自分らしさってあるのかな?
・やさしくされると不安になる。
・彼に嫌われないかと不安になる

結婚の悩み
・夫と不仲である。
・自分の居場所がないと感じる。
・夫の実家に帰るのが怖い。

子育ての悩み
・子育てに不安
・子どもがかわいいと思えない。
・つい子どもに当ってしまう。

うつについて
・人に会うのが億劫になる。
・引きこもりがちになる。
・不安感が募る・・・等。

お一人で悩まれず、落ち着いた場所で専門家に話すことも1つの考えです。